ご加入をご検討ください

詳しくはこちらから

ご加入に関するお問い合わせはこちらから

被保険者専用ページ

TOPページへ戻る

ジェネリック医薬品を使いましょう

ジェネリック医薬品とは?

医療機関から処方される薬には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の二種類があります。新薬とは新しく開発・販売された医薬品です。新薬の特許期間が切れた後に、新薬と同じ有効成分を含み、他の医薬品メーカーにより製造・販売される医薬品をジェネリック医薬品と言います。

ジェネリック医薬品のメリットは?

先発医薬品の研究開発には、長い歳月と莫大な投資費用が、コストとして薬の値段に反映されています。これに比べてジェネリック医薬品の場合、既に有効性や安全性について先発医薬品で確認されていることから開発期間やコストを大幅に抑えられ、結果として薬の値段も先発医薬品と比べて安く設定することができます。

慢性的な病気によって薬を長期間服用する場合などは、ジェネリック医薬品の使用で、薬代の大幅な削減につながります。さらに、自己負担分を除いた薬代は、私たちの保険料と税金で運営されている公的な医療保険から支払われているため、薬代の削減によって医療保険の支払い額も抑えることで、それに投入される保険料や税金の負担減にもなります。

ジェネリック医薬品の安全性は?

ジェネリック医薬品の開発にあたっては、医薬品メーカーにおいて様々な試験が行われており、それによって新薬と効き目や安全性が同等と証明されたものだけが、厚生労働大臣によって承認されます。

使用するには?

ジェネリック医薬品を希望する場合、病院・診療所・保険薬局で医師・薬剤師にそのことを伝えてください。診察券あるいは保険証に、東食国保が配布している「ジェネリック医薬品希望シール」を貼付したり、または「ジェネリック医薬品希望カード」を受付に提示したりする方法もあります。

ただし、すべての医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありませんので、その点はご理解ください。また上記のとおり、ジェネリック医薬品は先発医薬品と有効成分や効果などは変わりませんが、使用されている添加物が異なることもありますので、アレルギーなどがある場合は選択できない場合もあります。

政府広報オンラインより転載
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/4.html

ページトップへ